fbpx

ドルフィンKOTO

MENU

タブレットピッキングシステム

タブレットピッキングシステム

タブレットピッキングシステム

工場などの倉庫では類似した商品・部品が多くあり、ピッキング時の作業ミスをどのように減らしていく必要があります。現場の業務改善・生産性向上させるためにはこの問題の解決は重要テーマの一つです。タブレットピッキングシステムは倉庫業務(入庫・在庫・出庫・棚卸)を支援し、生産性の向上・作業ミスの防止を可能にします。

電気・エネルギー分野で培った様々な技術と経験を活かして物流センターの課題にお応えします。

工場・倉庫作業にこんな課題はありませんか?

  • 紙のリストをやめ、ペーパレス化を進めたい。
  • 類似商品や部品の取り間違いをなくしたい。
  • 棚や商品・部品を探す時間を削減したい。
  • 倉庫業務を標準化し、作業効率の改善・管理精度の向上させたい。
  • 人に依存せず、入荷検品ミス、誤出荷防止可能な仕組みを作りたい。
  • 入荷~出荷までの履歴管理がデータで残せるようにしたい。

タブレットピッキングシステムの特長

ピッキング作業にタブレットを活用するメリット

棚・間口毎に表示器を設置したり、高機能なハンディターミナルを導入することと比較すると機器としてタブレットは低コストで導入できます。タブレットは大きさ・種類も多くあり、バックライトがあるため暗い倉庫でも作業がしやすい利点があります。 また、近年スマートデバイスの普及が進んでいることから、作業者も操作ができることが多いため、リストピッキング(紙を使ったピッキング)よりも、短期間で作業を覚えることができます。

大きくて見やすいタブレット端末とRFIDリーダ、バーコードスキャナなどを組み合わせて活用できます。タブレットと台車やピッキングカートなどと組み合わることで、ピッキングカートシステムとして利用できます。

生産性の向上・ミス防止により、作業品質を改善

タブレットピッキングシステムは、倉庫実行管理システム(WES)と連動する機能です。既に導入済の倉庫管理システム(WMS)との連携も可能です。例えば、生産管理シス テムから入出庫予定データを取り込み、作業者のタブレット端末に指示を送信。作業が終了すると、タブレット端末からは、作業実績 データが生産管理システムへ送るといった仕組みを構築できます。

タブレットピッキングシステムと台車によるカートピッキングシステム

RFIDの活用で類似商品・部品の取り間違いを防止

RFIDタグの貼られた部品ケースを引き出す動作でタグを読み取って正誤を判断することが可能です。棚(部品)が正しい場合は、 OKをタブレット上で表示されます。棚が間違っている場合はタブレット上にNGが表示され、LEDランプとRFIDリーダの振動により、作業者に注意を促します。 この仕組みを活用することで、類似商品・部品の取り間違いを防止することができます。

導入効果

■作業管理が容易
・標準的な作業の管理機能(入出庫・棚卸・在庫)に対応、作業管理が容易になります。
・作業進捗をリアルタイムに把握することが可能になります。
■作業工数の削減
・品目(部品型式など)確認・棚番を探す等の作業を軽減します。
・ラインとストアの配置に見合った最短動線での作業が可能になります。
■作業ミスの防止
・指示と異なる動作をした場合は、タブレット画面やバイブレーションにて通知します。
・パートなど経験の浅い初心者でも同じ作業品質での作業が可能です。
■紙運用コストの削減
・タブレット端末を使用することで紙帳票が不要となり、環境への配慮に貢献します。

Contact

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3522-8211

pageTop