fbpx

ドルフィンKOTO

MENU

マテハン機器の種類

マテハン機器の種類

マテハン機器の種類

マテハンは「マテリアル・ハンドリング(MH:Material Handling)」の略称です。マテリアルは原材料、ハンドリングは対応・処理・自動車などのハンドル操作を意味し、物流にあてはめると原材料や仕掛品、その他商品などを運ぶイメージになります。

このページでは「マテハン機器」について説明しています。

「マテハン機器」とは

物流用語としての「マテハン機器」とは主に原材料や仕掛品、その他商品等を移動させるために利用され、荷役作業の省力化・自動化・効率化のための機械や設備全般を指します。主要なマテハン機器には以下のようなものがあります。

運搬

  • フォークリフト
  • トラックローダー
  • ベルトコンベヤ
  • ローラーコンベヤ
  • パレタイザ/デパレタイザ
  • 垂直搬送機
  • 無人搬送機(AVG:Automated Guided Vehicle)

仕分け・収集

  • ソータ―
  • 自動仕分けシステム
  • ピッキングカート
  • ピッキングロボット

保管

  • 立体自動倉庫
  • 移動ラック
  • 固定ラック

その他

  • デジタル表示器
  • ウェアラブルデバイス
  • ハンディターミナル
  • RFID機器

代表的なマテハン機器

代表的なマテハン機器をいくつか紹介します。

・フォークリフト

代フォークリフトとは、車体にツメ(フォーク)を備えた荷役運搬車両のことです。さまざまな業種で使われており、代表的なマテハン機器の一つです。フォークリフトは用途や通路幅にあわせいくつかの種類があり「カウンターバランス型」「リーチフォーク型」「スリーウェイフォーク型」「ピッキングフォーク型」「サイドフォーク型」「ストラドル型」などがあります。また、人が操作するものと区別して「無人フォークリフト」という分類もあります。

・ソータ―(自動仕分機)

ソーターは名前のとおり「仕分け」を行うマテハン機器のことです。ソータ―を導入することにより、仕分け作業の省力化と仕分け精度が上がり、結果として物流コストの削減が期待できます。商品の形状や目的に合わせいろいろな種類があり「スライドシューソータ―」「ベルトソータ―」「クロスベルトソータ―」などがあります。

・自動倉庫

商品の入出庫などの荷役作業を自動化した倉庫です。無人倉庫と呼ぶこともあります。自動運送機器とコンピュータ制御により入出庫や商品の移動を自動化・無人化します。立体的に商品を収納できるため、倉庫空間利用率を高めることができ、自動化されることで人件費を節約することができます。ただし初期費用が高く、費用対効果を得るためには相当数の物量が必要になるため、主に大型の物流センター・物流倉庫で利用される傾向にあります。

・ピッキングシステム

ピッキング作業を補助するシステムです。「種まき式」の場合はコンベアを活用したものや「摘み取り式」の場合はタブレットやデジタル表示器を活用した方式があります。例えばデジタルピッキングシステムは商品が保管されている棚にデジタル表示器を取り付け、作業者は表示器の指示に従って商品を取りに行くという仕組みを構築できます。これにより商品を知らなくとも表示器の指示に従って正確にピッキングができるようになります。

代表的なものをいくつか紹介しましたが、この他にも目的や用途に応じ、ざまざまなマテハン機器があります。物流業務にあわせたマテハン機器を導入することで、物流コストの削減や効率化が期待できます。

一方で、倉庫の大きさに制約があったり、マテハン機器を導入しても稼働率が低いのであれば従来から使われている台車等の機器を上手に使う工夫をしたほうが良い場合もあります。物流センター・物流倉庫の機能・役割や取り扱う商品に応じて適切な機器を選択する必要があります。

進む自動化・ロボット化

近年では通販市場の拡大により、物流業務の拡大・複雑化が進んでいます。また、少子高齢化社会が進むことで、物流業に従事する人材の確保が難しく、人手不足が深刻化していくと考えられています。これらを背景に物流業務の自動化やロボット化が進むと考えられています。

これらマテハン機器へリアルタイムの仕分けや搬送を指示するシステムとしてはWES(倉庫実行システム)やWCS(倉庫制御システム)があります。

Contact

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3522-8211

pageTop